堤邦彦 さん

京都精華大学教授。そこかしこに怪談が潜む四ッ谷に生まれ、今も暮らす。江戸怪談や口碑伝説の研究を行うかたわら、怪談朗読団体「百物語の館」の元締めとして古典怪談の普及につとめる。著書に『現代語で読む江戸怪談傑作選』『番町皿屋敷』など。2018年8月刊行の『別冊太陽』「幽霊画と冥界」に、未公開の幽霊画を多数紹介した。

過去のコース

▲ ページ上部へ