鈴木啓吾 さん

観世流シテ方能楽師。重要無形文化財指定保持者。三世 観世喜之に師事。観世九皐会、緑泉会での演能活動のほか、1997年より自らの研究公演「一乃会」を主宰。目の不自由な方も能を楽しめるよう、謡曲の点訳活動や視覚支援学校での体験講座も継続的に行っている。著書に「能のうた-能楽師が読み解く遊楽の物語-」。

過去のコース

▲ ページ上部へ