• キャンセル待ち
      • 7月27日(土) 8:45~11:45
  • 【雑司が谷】都市史研究者と建築&坂道めぐり、戦禍を免れた2つの邸宅建築を拝見
    ~明治の宣教師館、フランス文学者の和洋邸宅、重要文化財・鬼子母神堂まで~

  • 東京都豊島区

池袋が徒歩圏ながら、
路面電車が走り、どこか懐かしさの漂う
都会の狭間のレトロな街、雑司が谷へ。

戦時中の空襲被害を
免れたところが多く、
貴重な建築が多く残る・・・
って、ご存知でしょうか?

今回は、2つの邸宅建築を拝見。
まるでアメリカの郊外住宅のような、
明治の宣教師館。

そして、フランス文学者・鈴木信太郎が
暮らした和洋折衷の邸宅へ。
“美しすぎる書斎”として知られますが、
当時珍しかった耐火構造のおかげで
焼失を免れました。

さらに、大名家造営の絢爛な本殿が
鎮座する鬼子母神堂。
ケヤキの巨樹が連なる参道。
色づく樹齢600年の大銀杏まで。

ふたつの川が刻む谷と
雑司が谷の高台をつなぐ、
独特な坂や地形も堪能しましょう。

建築史にも精通する
都市史研究者の松本さんと、
建築&坂道めぐりに出発です。


ガイドさん

  • 松本泰生 さん

    都市史研究者。早稲田大学オープンカレッジ講師。建築史にも精通する。都市景観・都市形成史研究のかたわら、東京中の建築や階段を訪ね歩く。著書に『東京の階段』『凹凸を楽しむ 東京坂道図鑑』など。

    担当コースを見る >

開催日時
2024年7月27日(土)8:45~11:45頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
東京メトロ「新大塚」北改札前(1番出口方面)
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約4.3km】東京メトロ「新大塚」駅 → 1.旧鈴木信太郎邸 → 2.雑司が谷霊園 → 3.旧宣教師館 → 4.御嶽坂 → 5.大鳥神社 → 6.雑司が谷鬼子母神堂 → 7.豊島区役所 → 8.南池袋公園 → JR「池袋」駅 (解散)
道のアップダウン度★☆☆ 坂道や階段が多いです。
参加費用
5,500円(消費税・保険料込)
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
tk24c0200

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:7月27日(土)まで

▲ ページ上部へ