• 受付あと少し
      • 7月21日(日) 9:30~11:30
  • 【中山法華経寺】ズラリ重文、古建築の宝庫!建築史家と世界三大荒行の地へ
    ~極めて希少な“比翼入母屋造”とは!?伏見さんイチオシ格好いい傑作建築群~

  • 千葉県市川市

東京からもほど近い
駅すぐのところに、
“世界三大荒行の地”と
数えられる巨大寺院がある・・・
って、ご存知でしょうか?

今回は、建築史家の伏見さんと
日蓮宗大本山へ!
なんと境内には、重要文化財がズラリ。
室町時代から近代に至るまで、
様々な名建築が連なっています。

屋根がふたつに見える!?
全国でも二例ほどしかない
極めて希少な
“比翼入母屋造”の祖師堂。

こちらも数少ない、江戸初期に
加賀前田家の寄進で建てられた
法華経寺のシンボル・五重塔。

鬼才・伊東忠太の聖教殿。
江戸時代の中山大仏。
さらに室町後期作という
唐様の四足門。
正面一間吹き放し、なんとも
カッコいい法華堂まで。

建築史家・伏見さんイチオシ、
古建築の宝庫を堪能しましょう。


ガイドさん

  • 伏見唯 さん

    建築史家・編集者。早稲田大学大学院修士課程修了後、新建築社、同大学院博士後期課程を経て、2014年伏見編集室を設立。『TOTO通信』などの編集制作を手掛ける。博士(工学)。古建築の研究とともに、現代建築の雑誌を編集制作している。

    担当コースを見る >

開催日時
2024年7月21日(日)9:30~11:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
京成「京成中山」改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約0.5km】京成「京成中山」駅 → 1.黒門 → 2.赤門 → 3.五重塔 → 4.祖師堂 → 5.四足門 → 6.法華堂 (解散)
参加費用
5,500円(消費税・保険料込)
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
20名(要予約)
コースナンバー
tk24c0180

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:7月21日(日)まで

▲ ページ上部へ