• キャンセル待ち
      • 8月13日(土) 9:30~12:30
  • 【青梅】清流が生んだ奥多摩の宿場町、スリバチ学会と谷口集落凹凸ツアー!
    ~昭和の猫町にゃにゃまがり!?織物と梅と崖線の里、武蔵野台地・始まりの地へ~

「ブラタモリ」出演でも話題騒然、
多摩武蔵野スリバチ学会凹凸ツアー!
今回は、ここが東京とは思えないほど
豊かな自然とレトロな町並みが残る
奥多摩の宿場町・青梅へ。

東京都心のほとんどを抱く
武蔵野台地、その始まりは
この青梅だった・・・
って、一体どういうこと?

青梅はなぜ“猫の町”に!?
昭和の猫町にゃにゃまがり、ってニャンだ?
そこには宿場町・青梅の発展を支えた
ある産業との深―い関係が。

そして、夏の涼の代名詞、
清流の河川敷に降りてみましょう。
梅の産地でもないのに、なぜ青梅?
多摩川が生んだ河岸段丘と淵に迫ります。

いざ、織物と梅と崖線の里へ。
武蔵野台地の始まりをめぐる、
谷口集落凸凹ツアーへ出発です!


ガイドさん

  • 真貝康之 さん

    多摩武蔵野スリバチ学会会長。2014年に東京スリバチ学会の分科会として同会を立ち上げ、地形や町並みに着目したフィールドワークを精力的に主宰している。NHK「ブラタモリ」吉祥寺編、江戸の水編に案内人として出演。『多摩・武蔵野凸凹地図』『多摩・武蔵野スリバチの達人』監修。

    担当コースを見る >

開催日時
2022年8月13日(土)9:30~12:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
JR「青梅」改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約4km】JR「青梅」駅 → 1. 昭和の猫町にゃにゃまがり → 2.住吉神社 → 3.宗建寺 → 4.常保寺 → 5.青梅市郷土博物館 → 6.釜の淵公園 → 7.清宝院 → 8.金剛寺 → 都バス「青梅車庫」(解散)
参加費用
4,500円(保険料含む)
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
tk22c012
  • 新型コロナウイルス対策について>
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催7日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 日除け、虫除け対策は各自でお願いいたします。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。 詳しくはこちら>
  • ツアー終了後、アンケートにご協力ください。アンケートフォームはこちら

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:8月13日(土)まで

▲ ページ上部へ