• 受付あと少し
      • 9月22日(日) 9:00~12:00
  • 【横浜】鉄道史研究の第一人者・小野田さんと、モダン港町を鉄道遺産で解き明かせ
    ~ヨコハマにお台場!?米軍専用線跡から幻のアンダークロス、廃線トンネルまで~

  • 神奈川県横浜市

小さな漁村から世界的な港町へと
劇的な変貌を遂げた、横浜の街。
実は、モダン港町を形づくった
数々の鉄道遺産が今も残る・・・
って、ご存知でしょうか?

今回はなんと、「ブラタモリ」など
各メディアでお馴染み、
鉄道技術史研究の第一人者
小野田さんと横浜鉄道ドボクめぐり。

ノース・ドック米軍基地へと続く、
今まさに朽ちゆく軍専用線跡。
2021年に返還されるまで、
近寄ることができなかった
日本初の溶接鉄道橋。
美しく弧を描く曲弦トラス橋梁を
間近で堪能しましょう。

そして、ヨコハマにお台場!?
勝海舟が設計した
要塞島の痕跡とは?

絵葉書にまでなった
幻のアンダークロス。
東海道の宿場町「神奈川宿」から
突如現れる廃線トンネルまで。

東京駅をはじめ様々な
鉄道遺産保存に携わってきた
小野田さんとともに、
モダン港町を解き明かしましょう。


ガイドさん

  • 小野田滋 さん

    鉄道総合技術研究所アドバイザー。大学卒業後、日本国有鉄道に入社。JR西日本の現場で鉄道構造物の保守管理を担当。鉄道土木のスペシャリストとして「ブラタモリ」「美の巨人たち」などに度々出演。著書に『東京鉄道遺産』『橋とトンネル-鉄道探求読本-』など。

    担当コースを見る >

開催日時
2024年9月22日(日)9:00~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
JR「東神奈川」改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約4km】JR「東神奈川」駅 → 1.瑞穂埠頭 → 2.神奈川台場跡 → 3.旧東海道 → 4.青木橋 → 5.高島山トンネル → JR「横浜」駅 (解散)
道のアップダウン度★☆☆ 坂道や階段が多いです。
参加費用
5,500円(消費税・保険料込)
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
tk24d0330

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:9月22日(日)まで

▲ ページ上部へ