• キャンセル待ち
      • 3月16日(土) 14:00~17:00
  • 【御茶ノ水】鉄道史研究の第一人者・小野田さんといく!鉄道遺産が競演する聖地へ
    ~東京にそびえる万里の長城!?革新のモダニズム駅舎から圧巻名橋巡りまで~

  • 東京都千代田区

ニコライ堂と湯島聖堂、
2つの聖堂を聖橋が結ぶ、御茶ノ水。
実は、日本屈指の鉄道遺産が
密集する“聖地”だった・・・
って、ご存知でしょうか?

今回はなんと、「ブラタモリ」など
各メディアでお馴染み、
鉄道技術史研究の第一人者
小野田さんと鉄道ドボクめぐり。

革新のモダニズム駅舎・御茶ノ水。
この駅が、高密度交通に対応する
現代駅舎のルーツに・・・
って、一体どういうこと?

交錯する4つの時代の高架橋。
東京駅の「試作品」?
甦った幻のプラットホーム。
現役最古の鉄道高架橋とは。

東京にそびえる万里の長城!?
秋葉原に電気街ができたのは、
ラーメン橋があったから?
次から次へと名橋尽くし。

わずか2kmで、激動の技術革新が
体感できる濃密なエリアへ。
東京駅をはじめ様々な
鉄道遺産保存に携わってきた
小野田さんとともに、
東京ドボクツーリズムに出発です。


ガイドさん

  • 小野田滋 さん

    鉄道総合技術研究所アドバイザー。大学卒業後、日本国有鉄道に入社。JR西日本の現場で鉄道構造物の保守管理を担当。鉄道土木のスペシャリストとして「ブラタモリ」「美の巨人たち」などに度々出演。著書に『東京鉄道遺産』『橋とトンネル-鉄道探求読本-』など。

    担当コースを見る >

開催日時
2024年3月16日(土)14:00~17:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
JR「御茶ノ水」御茶ノ水橋口
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約2.7km】1.JR「御茶ノ水」駅 → 2.聖橋 → 3.紅梅河岸高架橋 → 4.昌平橋 → 5.旧万世橋駅 → 6.秋葉原 → JR「浅草橋」駅 (解散)
参加費用
5,000円(消費税・保険料込)
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
tk24b0180

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:3月16日(土)まで

▲ ページ上部へ