• 受付終了
      • 4月14日(日) 9:00~12:00
  • 【丸の内】建築史家と名建築めぐり、様式建築の最高峰「明治生命館」内部を拝見
    ~一丁倫敦と呼ばれた赤煉瓦街、三菱の大都市計画、東京駅の空を買う!?~

日本最大のビジネスセンター、丸の内。
でも130年前、このあたりは
草茫々の原野だったって、ご存知でしょうか?

なかなか買い手が付かなかった荒地に
巨費を投じたのが、三菱財閥です。
J・コンドル設計の三菱一号館を皮切りに、
次々と英国式の赤煉瓦ビルが竣工。
その姿は「一丁倫敦(ロンドン)」と呼ばれます。

東京駅が開業すると、丸の内は次のステージに。
コリント式の列柱が美しい明治生命館や
アメリカ式のオフィスビルが立ち並ぶ
「一丁紐育(ニューヨーク)」が完成します。

三菱の大都市計画とは?
東京駅が残ったのは、高層ビルの
おかげだったって、いったいどういうこと?
古典様式建築の最高峰と名高い
明治生命館では、内部も拝見しましょう。

建築史家・本橋さんとともに、
丸の内名建築めぐりに出発です!


ガイドさん

  • 本橋仁 さん

    建築史家、博士。ふだんは美術館につとめている。主な仕事に、ベネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館2014、藤森照信『近代日本の洋風建築 開化編・栄華編』編集協力、旧本庄商業銀行煉瓦倉庫保存改修プロジェクトなど。個人的な活動では、ヒトの建築衝動を刺激すべく洋館での演劇を企画したり、建築材料で楽器を作ったり、楽しく迷走している。
    本橋仁WEBサイト

    担当コースを見る >

開催日時
2019年4月14日(日)9:00~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
JR「東京」丸の内南口
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約2.0km】1.東京駅 → 2.東京中央郵便局(KITTE) → 3.三菱一号館 →  4.東京国際フォーラム → 5.明治生命館(内部見学) → 6.東京海上日動ビル → (解散)
参加費用
3,000円(保険料含む)
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要
定員
18名(先着順・要予約)
コースナンバー
tk19b010
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催7日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 日除け、虫除け対策は各自でお願いいたします。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

受付は終了しました

▲ ページ上部へ